スーツ選びは節目のタイミングで!絶対に押さえておきたいポイントを3つ紹介

スポンサーリンク

卒入学式や就活、入社式、冠婚葬祭などなど、 スーツの購入を検討されている方の多くは何かしら直近に人生の節目のイベントが控えており、そのタイミングでどんな感じのスーツが良いか調べる方が多いですよね。

そして、スーツを着る機会がある節目というのは以外に多く、親族や友人の結婚式もしくは葬儀に出席、お子様の卒入園&卒入学など自分のことだけに限らず友人や親戚、兄弟や子供などの家族の節目に立ち会う場合にも発生します。

個人差はありますが着る機会が結構な頻度であるスーツ。買うにも結構な種類やデザインがあり迷われている方もおられる事かと思います。 どうせ準備するなら色んな節目イベントに長く使え、それでいてバシッと決まるものを用意してみては?ここではスーツ選びのコツやポイントをいくつかご紹介致します。

スーツは色違いを2着用意すると捗る!

黒はマストで用意。あともう一色は、スーツ購入初心者ならネイビーもしくはダークグレーがおすすめ。茶色や他の色は上級者向け。 ストライプ等の柄物も場面によっては使いにくいので無地が良いかと。裏地は金銭に余裕のある方はこだわってみても良いかもです。 基本的に「無難」な色味の方がバシッと決まるし、長く使いやすいです。スーツの色味や柄でミスっている人は見てられないですよ。 漫才師やヤ〇〇など、個性を出してナンボの世界の方は話が違ってきますが、スーツスタイルは基本的にシンプルイズベストです。

初心者はシングルスーツ一択!

重複しますがスーツスタイルはシンプルイズベストです。そこに自分らしさや個性を盛り込もうとするスーツ初心者が少なからず居ますが、却ってダサくなる場合が多いです。あと、安易にダブルのデザインを選ぶ人。ダブルスーツはオシャレ上級者向けです。初心者がデブを隠す目的で ダブルのスーツは買わないように!めっちゃダサくなってしまいます。 まずはシングルスーツを用意しましょう。ボタンは2つボタンもしくは3つボタンのどちらでも良いです。

スーツのサイズ感は超大事!

スーツ選びで一番大事です。サイズ感がダボダボ・ブカブカ、またはピチピチで前ボタンを閉めると窮屈そう、などなど サイズが合っていないスーツを節目に着ていくと、周りからはダサいと思われるだけでなく、スーツもちゃんと着られないだらしない人なんだなと思われます。節目イベントで出会う人の中には、いつもは頻繁に会わない方も多く居ます。 その人にとってはそこでのあなたの印象は長く強く残ることでしょう。誰からも好印象に思われるに越したことはありません。 ジャストサイズのスーツを準備しましょう。それだけで好印象に思われる確率が上がるのですから。 スーツは、自分の体形にぴったり合ったものを着ると一番カッコよく見えるように作られています。 このタイミングでオーダースーツを作るのもおすすめです。より体形にジャストフィットしスマートな印象を演出します。 体形が変わらなければ長く使え重宝します。一昔前よりリーズナブルに作れますしね。

以上です。生地やら価格のグレード帯やら、スーツ選びには他にもたくさん考えないといけないことはありますが、各種節目に着るスーツを選ぶ上で一番大事な上記3点を押さえておけば基本的には外さないでしょう。ではまた!