就職活動時にいるものと心構えあれこれ【就活準備】

スポンサーリンク

就活は何かと準備するものが多いです。ここでは具体的に必要なものと、 心構えをしておいた方が良いことをまとめました。

スポンサーリンク

就活の外見&身だしなみの準備

リクルートスーツ

就活を始めるにあたり、まずは何と言ってもスーツを準備しましょう。説明会、面接などで必要です。社会人にとってスーツは正装です。ビジネスシーンにおいては、スーツの着こなしがあなたの第一印象の良し悪しにも大きく影響しますので、しっかり選びたいところです。

スーツの色はどのようなものを選べば良いかお悩みの方も多いようですが、男性・女性共に黒もしくは紺色のものが無難です。ただし外資系企業や海外と接点を持った企業を狙う場合は、ネイビーやダークグレイのスーツがおすすめ。 黒のスーツは日本でこそビジネススタイルとしても一般的ですが、海外では黒のスーツは葬式用の「喪服」で、ビジネススタイルとしてはそぐわないといった認識の地域もあるんだとか。 実際に黒スーツで平気でビジネスしているのは日本人だけ、と言う外国人の方もおられます。。 

スーツのデザインはダブルよりもシングルの方がすっきりとした印象になり、ボタンは2つボタンor3つボタンのどちらでも良いでしょう。

そしてデザインよりも何よりも大事なこととして、「自分の身体に合ったサイズ」のものを用意しましょう。 スーツのサイズ感がダボダボ、またはキツキツな就活生はとてもだらしなく見え、それだけで大きな減点材料になります。この際自分の身体にジャストフィットしたオーダースーツを作っても良いでしょう。就活を終えても激痩せor激太りしなければ長く使えます。外見は就活する上で超大事ですので要注意!

スーツの下に着るワイシャツも併せて準備しましょう。購入時に、種類が多くどんなワイシャツを選べば良いか迷われる方も多いと思いますが、就活時にはシンプルな白のワイシャツが無難です。色が入っているものや柄ものは企業によっては、チャラついた印象または学生気分が抜けきっていない、などとマイナス評価になる場合があるからです。就活時に準備するもの全てに言える事ですが、

無難なもの=余計なマイナス評価を避けるためのリスクヘッジ

といった感覚で準備をした方が良いですね。もちろん、皆がしていることと反対の事をし、良くも悪くも目立つ「逆張り」も場合によっては就活に有効な手になる場合もありますが、それをすることによるリスクを上回るメリットをあらかじめ予想し仕掛ける事の出来る、いわゆる上級者向けです。

靴(ビジネスシューズ)

これもスーツと同じく必要です。面接官に足元、意外とみられてますよ! 就活は面接などで移動が多く汗をかきますし、雨の日などで汚れることも想定しビジネスシューズは最低2足程度用意しましょう。色は黒か茶色がどんな色味のスーツにも 合わせやすく無難です。

カバン

手提げタイプのビジネスバッグです。面接には間違ってもリュックなどで行かないようにしましょう。 派手な色味のものは控え、筆記用具や履歴書などのA4サイズの書類を折り曲げることなく入る程度の容量のものが 良いでしょう。少し物を入れるだけでパンパンになってしまう鞄は使いにくいのでNG。 あと床に置いたときに倒れずに自立するタイプのバッグが何かと使いやすくておすすめです。

就活用証明写真

履歴書郵送時に写真、WEBエントリー用にデータが必要です。自撮りで用意もできますが、就活用にヘアセットやメイクを事前にしてくれる写真館やフォトスタジオで撮ってもらうのがベストです。データをもらえる所がより良いでしょう。

証明写真は履歴書以外でも実は必要な場合が多く、予備は数枚あった方が良いです。就職が決まった場合に社員証を作る場合に要ったり、企業によっては個人情報のデータベースに必要な場合もあります。また、誤って紛失したり、急な面接が発生した場合にも対応できます。

履歴書やWEBエントリー用の証明写真のサイズは一般的に幅3㎝×高さ4㎝ですが、業種によっては別サイズの所もあるので要確認です。

履歴書

1発で内定が取れれば履歴書は1枚準備するだけで良いのですが、実際問題かなり難しいのが就活の現状です。面倒くさいですけど最低10枚は事前に準備しましょう。

「なんで事前に10枚も用意しなくちゃいけないの?」という方もおられるでしょう。実際、自分にとって良い企業が見つかり次第履歴書を書く方が大半です。しかし、履歴書を事前に10枚程度書いておくだけでいろんなメリットがあります。

メリットのまず一つが、応募までの「スピード」です。いざ就活をスタートするにあたり、まずは自分にとって「良い」企業を探すところから始めますよね?それって同じスタートラインに立っている他の就活生から見ても良い企業な場合が多いです。優良な、待遇の良い企業には、あなたに限らず応募は当然殺到します。

良い企業を見つけ、応募したいと思う→履歴書を書く→郵送またはWEBでエントリーする

この作業を延々と繰り返す期間が就活にはあります。その際に、履歴書を書く作業がとても面倒に感じ、適当に書いてしまう場合がよくあるんです。応募期限に迫られ、焦ってしまい書きたい情報が抜けてしまう、なんてことも。

そうならないように事前にしっかり、急な応募にも対応できるよう予備含めて履歴書を10枚程度、しっかりと準備しましょう。履歴書は、職務経歴書と違いどの会社に応募するときでも、ある程度同じ内容を流用し書ける書類ですので、まとめて書いておいた方が効率的です。

履歴書を準備する第2の理由は、ズバリ就活におけるモチベーション維持です。例えば、メッチャ手ごたえのあった企業からの不採用通知が届いた場合、ものすごくヘコみます。それこそ、他の企業への履歴書が書けないくらいに。就活のやる気もダウンすることでしょう。

事前に履歴書を多く準備することで、「手持ちの履歴書が無くなるまで応募するぞ!」という覚悟みたいなものができ、モチベーションも維持できますよ。