年金に頼らずに生きていく近道は、収入の「柱」を増やすこと

スポンサーリンク

年金というシステムは、もう破綻している!といった話も囁かれている昨今。

少子高齢化による若年世代の負担増や定年雇用の是非、消費税増税などなど令和に突入した日本では経済的な問題を多く抱え、将来的な不安を抱えるご家庭も多いことでしょう。

年金で老後を暮らすことや、定年まで働くこと等、今まで当たり前だった働き方や生活のシステムで、安定した暮らしを送ることがどんどん難しくなってきているんですね。

金融庁が最近、老後を暮らすには年金以外に2000万円いる、といった試算を発表したあとすぐに取り消しましたね。年金で老後安泰だと国は言ってたじゃないの!などの批判もよく聞きます。

でもこの2000万円ってリアルな数字だと思いますよ?

それだけ想定外な事が起きてるんでしょ?って話。批判するのも良いけど、じゃぁどうやってそのお金を準備するかな~と考える方がより建設的じゃないですか?

とはいえ、私含め普通のサラリーマンにはどうすれば良いのか、具体的な方法がわからん。

いろいろと調べ実践した結果、本業以外の「収入」を増やせば良いことがわかりました。

・・・当たり前すぎる?笑。

まぁめっちゃ簡単に言うと、本業以外に副業やら投資やら、あの手この手で収入減を増やしましょう! ってことです。

そしてそのハードルは昔よりも比較的低く誰でも容易にできるようになっています。ネットは便利。

イメージとして本業は太い柱。太い木の幹です。
昔はこの柱1本で家族を養い、老後も暮らしていける社会のシステムでした。

それが今後難しくなってくるので、種をまき他の柱、他の木を植え育てるのです。

種をまくだけじゃなく、コツコツと「育てる」こと。これが大事です。
うさぎと亀じゃないですけれど、積み重ねが大事。これができない人がとても多いです。

そうしていくうちに、最初は細い柱が少しずつ太くなっていき、やがて本業の柱よりも太くなっていく場合もあります。2~3本程度、太く育てるのが理想ですね。

本業以外の収入の柱を立てるべく、自分はいろいろ実践してみたんですが、生来怠け者な私は

  • 肉体的、精神的な負担が少ない
  • 時間的な余裕を確保
  • 金銭的リスクが少ない

以上3点を条件に試してみました。

そして自分に合っていたものとして

  • サイトブログ運営
  • キュレーションサイト
  • 株式投資(優待狙いも含む)
  • 仮想通貨(ガチホメイン)

がいまのところ続けられそうかな、今後育ちそうかなと考えております。

で、早ければ年内にもう一本、柱を立てようかなと企んでおります。