スポンサーリンク

世界各国に存在する、「特殊部隊」まとめ

スポンサーリンク

SATやGSG-9、スペツナズ、グリーンベレーなど、世界に存在する特殊部隊をまとめました。任務の性質上、公にされていない部隊も数多いです。(随時更新)

特殊部隊とは?

特殊部隊(とくしゅぶたい、英: Special Forces, SF)または特殊作戦部隊(とくしゅさくせんぶたい、英: Special Operations Forces, SOF)は、軍事組織において、一般的な軍事作戦とは性質を異にする困難な作戦の遂行のために特別に編成された部隊を言う。
出典 特殊部隊 – Wikipedia

画像はイラク軍特殊部隊

通常戦力とは別個に編成され、特殊な訓練を受け、特別な装備を持つ部隊である。

既存の陸海空軍や部隊では対処できない特殊作戦に投入され、一般に、比較的小人数による部隊行動で後方攪乱、破壊工作(暗殺を含む)、戦略的攻撃、対テロ作戦、情報収集、心理戦、人質救出などの任務を遂行する。

その性格上、個々の能力を重視し、防諜のために高い秘匿性を維持しているが、ハイジャックや人質救出などの任務については公にされる場合もある。

▼日本の特殊部隊

特殊作戦群(とくしゅさくせんぐん、JGSDF Special Forces Group:SFGp)

特殊作戦群
自衛隊の精鋭中の精鋭が集められた部隊。

特殊作戦群は、習志野駐屯地に所在する、ゲリラや特殊部隊による攻撃への対処に任ずる陸上自衛隊唯一の特殊部隊。
出典 特殊作戦群

報道陣の間では特戦群、特戦、特作とも略され、一般隊員からはSと呼ばれることもある。
出典 特殊作戦群 – Wikipedia

特殊作戦群:Special Forces Group(SFGp)
陸上自衛隊初、かつ唯一の特殊部隊である。現時点における主要任務は対テロ及び対ゲリラ作戦であるとされるが、将来的にはアメリカ陸軍特殊部隊(グリーンベレー、デルタフォース等)と同様、他国における特殊偵察や直接行動、情報戦などの多様な任務を遂行可能な世界水準の特殊部隊を目指しているといわれる。

特殊作戦群の想定している任務や訓練の内容、保有する装備などは創設時から一切公表されていない。公の場に姿を見せたのは中央即応集団の式典のみで、その際も一部の隊員を除き顔をバラクラバで覆っている。
出典 特殊作戦群 – Wikipedia

特殊部隊(とくしゅぶたい):Special Assault Team・通称:SAT(サット)

特殊部隊・SAT
主に機動隊から入隊希望者を募り、選抜試験を通過した者がSATに入隊する。隊員には高い身体能力、判断能力及び強靱な精神力が必要とされる。

日本の警察の特殊部隊。主な任務は、ハイジャック事件、重要施設占拠事案等の重大テロ事件、銃器等の武器を使用した事件等への対処である。また、刑事部の特殊犯捜査係だけでは対処できない凶悪事件にも出動する。
出典 特殊急襲部隊 – Wikipedia

日本の警察の精鋭部隊、それがSATだ。

SATの特徴は、「犯人の射殺も辞さない」というところで、準軍事的な性格を持つ部隊。
陸上自衛隊や他国の軍系特殊部隊とも合同で訓練を行っており、装備品も充実している。
出典 日本の特殊部隊<警察・軍系部隊> – kyoujyuの気まぐれ


1977年発生したダッカハイジャック事件を契機に、ハイジャック専門の特殊部隊として
警視庁と大阪府警の機動隊に極秘に設置された部隊が前身。
設立にあたっては、ルフトハンザ航空ハイジャック事件の際に機内に突入し、犯人全員を瞬時に制圧、
世界の注目を集めたドイツ連邦の特殊部隊「GSG-9」に指導を受けている。

入隊すると隊員は、「部隊で見たり聞いたりしたことを他人に話せば、時には法で罰せられる。家族に対しても同様である。」という訓示を受け、保秘を徹底させられると言われている。

例として、愛知長久手町立てこもり発砲事件においてSAT隊員が死亡した際、隊員の両親は「死亡するまで、息子がSAT隊員であることを知らなかった」と報道されている。

通常、SAT隊員は個人が特定できないようにするため、氏名も階級も部外には公開されず、報道関係者の前ではマスク(目出し帽)を着用して素顔を隠している。もしも隊員個人が特定されれば、テロリストや諸外国の公安機関によって隊員および親類縁者に危害が加えられたり、脅迫あるいは獲得工作が行われることが懸念されるからである。
出典 特殊急襲部隊 – Wikipedia

一方、SAT隊長は狙撃や突入を実行しない責任者であるため、隊旗授与式等で報道関係者に対して素顔を公表している。

近年では、訓練の様子なども公開

同部隊は、警視庁では特科中隊、大阪府警察では零中隊などと呼ばれており、1980年代初頭から警視庁の部隊はSpecial Armed Police、通称SAPと呼ばれていたが、部隊の存在自体を極秘としていたため、部隊名称も非公式なものであった。これらの部隊は1979年に発生した三菱銀行人質事件などに出動したが、創設から20年近くの間、部隊の存在が公表されることは無かった。その後、1995年に全日空857便ハイジャック事件が発生し、SAPが出動したことにより、部隊の存在が初めて公表された。
出典 特殊急襲部隊 – Wikipedia

長い間、その存在を知る者は少なかった。

▼アメリカの特殊部隊

グリーンベレー

グリーンベレー
正式な名を、アメリカ陸軍特殊部隊というエリート部隊のひとつ。
この隊員のみが緑色の専用ベレーを被ることができるので、グリーンベレーという愛称で広く知られている。
テロリスト制圧や対ゲリラ、突入作戦などを行う。

映画などのフィクション作品に頻繁に登場するためか、特殊部隊の中でも特に知名度が高い。

「陸軍の歩兵200人に相当する戦力を、グリーンベレーの隊員一人が保有している」とされる。
出典 アメリカ陸軍特殊部隊群 – Wikipedia

また、海外での活動を視野に入れているため、高度な語学教育を受けることでも知られている。

デルタフォース

デルタフォース
アメリカ政府は公にその存在を明かしていないが
多くの作戦を成功させているので、非常に有名な部隊。

※画像はイメージです

第1特殊部隊デルタ作戦分遣隊(英: 1st Special Forces Operational Detachment Delta/略称:1st SFOD-D)の通称であり、主に対テロ作戦を遂行するアメリカ陸軍の特殊部隊である。なおアメリカ政府は公式にはデルタフォースの存在を認めていない。

通常は四人一組で行動する。近接戦闘等のほか、現地の語学に精通するなど頭脳面でも高い水準が要求される。演習時には他部隊の一般の兵士に容易に作戦内容を知られぬようにドイツ語やフランス語を使って作戦会議を行うなど、隊員の語学水準は非常に高い。

「恐怖の館(House of Horror ハウス・オブ・ホラー)」という訓練施設が存在する。
この施設は、各種テロ状況を実演できる一連の部屋のことで、人質救出やCQBの訓練に使用される。または、ここで奇襲攻撃戦術を学び、敵と味方、人質の区別を即座に行えるようにする。この恐怖の館はSASの訓練施設である「キリング・ハウス」を手本に造られたものである。

何れにせよ、全ては秘密のベールに隠され詳細は不明。

アメリカ海兵隊武装偵察部隊(United States Marine Corps Force Reconnaissance、通称: Force Recon フォース・リーコン)

フォース・リーコン
海兵隊の部隊で、海兵隊から直接指揮をとられるエリート集団。
着衣で400メートル弱泳いだり、フル装備で2時間半歩き続けたりを
連続で行う、かなりハードな入隊審査がある。
偵察や突入が主な任務。

アメリカ海兵隊所属の特殊部隊である。主任務はその部隊名の通り威力偵察であり、海兵隊では特殊部隊と公式には認めてはいない。
出典 アメリカ海兵隊武装偵察部隊 – Wikipedia

偵察部隊ではあるものの戦闘能力が高くCQB、射撃、爆破等に長けており、その実力はNavy SEALsにも匹敵するとされる。また、さらなる交戦を余儀なくされた場合、彼らには艦砲射撃や戦闘機、戦術爆撃機を使用した攻撃の権限まで与えられており、加えて油田、船舶への奇襲、人質救出、敵陣地破壊などの強襲攻撃型任務も可能である。
出典 アメリカ海兵隊武装偵察部隊 – Wikipedia

アフガニスタン、イラクにおいても、リーコンはグリーンベレーやデルタフォースなどの部隊よりも先に潜入し、事前に敵地地形や人員配置、現地の情報収集などを行ったとされる。

Navy SEALs(ネイビーシールズ)

ネイビーシールズ
海軍傘下で、シールズ(あざらし)の如く水中での活動が得意。
ヘルウィーク(地獄の週間)と呼ばれる過酷な訓練を課すため毎年、志願者全体の3~6割が脱落する狭き門。
米軍の中でも最強の部隊のひとつと言われている。

SEALsという名称は、SEがSEA(海)、AがAIR(空)、LがLAND(陸)と、陸海空のアルファベットの頭文字から取られており、アザラシ(英: seal)を掛けたものでもある。その名の通り陸海空問わずに偵察、監視、不正規戦等の特殊作戦に対応出来る能力を持つ。
出典 Navy SEALs – Wikipedia

アメリカ軍の特殊部隊の中でも、アメリカ陸軍の特殊精鋭部隊であるグリーンベレーやデルタフォースと並ぶ。

訓練の4週間目に「地獄週間 (ヘル・ウィーク)」というものが行われる。志願者たちは5名から7名のチームを作らされ、5日間で体力を限界まで追い込む。その訓練内容には、何度もずぶ濡れにされて低体温症の瀬戸際まで立たされたり、腰まである泥の中を進みボートを数マイル運んだりもする。しかも、この地獄週間中の合計睡眠時間はわずか4時間しか与えられない。しかし、各訓練はチーム対抗戦となっており、課題を1位でクリアしたチームにはボーナス睡眠時間が1時間ほど与えられる。この地獄週間の主な意味は、あまりの過酷さに、醜態をさらさせて仲間よりも自分を優先させる志願者を暴くためである。
出典 Navy SEALs – Wikipedia

SWAT(スワット)

SWAT
年々、多様化する犯罪やテロに対処するために警察のなかで誕生した特殊部隊。
突入・狙撃など、いっぱしの軍隊のような活動ができるほか
化学兵器などにも対処できるなど、非常に万能。

Special Weapons And Tactics(特殊火器戦術部隊)の略称で、アメリカ合衆国の警察に設置されている特殊部隊。

任務の性格上、建築物の中に突入して犯人を取り押さえるCQB(Close Quarter Battle:近接・接近戦闘)という技術が発達している。また、全米の各SWATは、デルタフォースや、Navy SEALsなどの軍の特殊部隊や、GSG-9(ドイツ連邦警察国境警備隊 第9グループ)といった他国の特殊部隊とも合同訓練を行い、技量の向上に努めている。

▼ロシアの特殊部隊

スペツナズ

スペツナズ
「スペツナズ」という語そのものは、「SAS」(イギリス陸軍)、「USASOC」(アメリカ陸軍特殊部隊群、通称「グリーンベレー」)等とは異なり、特定の部隊を指す語ではない。
例えばロシア連邦保安庁やロシア内務省、ロシア対外情報庁等にもそれぞれの特殊任務部隊、“スペツナズ”が存在する。

スペツナズとは日本語で言う「特殊任務部隊」のこと。
出典 ロシア最強の特殊部隊「スペツナズ」!! 野蛮な訓練と異常な身体能力!!|TOCANA

アフガン紛争の時、タリバンに
「奴らは殺しが上手い」
と言わしめたのがスペツナズだった。

ドイツの特殊部隊

GSG-9

GSG-9
GSG-9は終身雇用制である。年を重ねて運動能力が基準以下になると、実戦での経験をいかした訓練の考案や、後輩達の指導、育成を担当して、部隊の進化へ貢献する。

GSG-9(独語読み:ゲー・エス・ゲー・ノイン、英語読み:ジー・エス・ジー・ナイン)とはドイツの連邦警察局(BPOL)に所属する特殊部隊である。世界の警察系特殊部隊の代表的な存在である。
出典 GSG-9 – Wikipedia

日本の特殊部隊、SATの手本にもなった警察系対テロ特殊部隊の代表格。組織は2005年に「連邦警察局」へ改名しているが、特殊部隊に冠されたGSG-9の名称は継承された。

部隊では、拳銃(USPタクティカルやグロック17など)、短機関銃(H&K MP5など)、自動小銃(H&K G36など)、狙撃銃(H&K PSG-1やDSR-1など)などの装備を保有しており、GSG-9が採用した装備は世界各国の特殊部隊が参考にするといわれている。
出典 GSG-9 – Wikipedia

まさに特殊部隊のお手本、といったところか。

作戦実行時に隊員個人に支給される装備品は“フル装備の超高級車並み”と専門家に言わせるほど、高度に洗練されており実に合理的であるものの、選択の自由度は比較的高く、特にバックアップ用に使われる拳銃は隊員の個人が指定されたものの中から好きに選んでよいらしい。
出典 GSG9 – MEDIAGUN DATABASE

フランスの特殊部隊

国家憲兵隊 治安介入部隊 GIGN

GIGN
1973年創設。
陸、海、空軍に次ぐ第4の軍隊である国防省国家憲兵隊に所属する対テロ部隊。

国家憲兵隊治安介入部隊(こっかけんぺいたいちあんかいにゅうぶたい、Groupe d’intervention de la gendarmerie nationale)は、フランスの対テロ特殊部隊で、陸・海・空軍に次ぐ第4の軍隊である国防省国家憲兵隊に所属する。略称はGIGN(ジェ・イ・ジェ・エン)。
出典 国家憲兵隊治安介入部隊 – Wikipedia

多くの出動実績があり、世界有数の対テロ特殊部隊であるといわれている。エールフランス8969便ハイジャック事件で世界中に知れ渡った。

公式発表によると、GIGNは、1974年-1985年までの11年間で、650以上の作戦に参加したと言われている。その結果、500人以上の人質を救出し、1,000人以上の犯罪者やテロリストを逮捕したとされている。また、12人以上のテロリストを「除去」したとも公表されている。
出典 国家憲兵隊治安介入部隊 – Wikipedia

フランス国家警察特別介入部隊(RAID)

RAID
正式名称「調査・救援・介入・抑止 (Recherche, assistance, intervention, dissuasion)。
通称 :ブラックパンサー

フランス国家警察に所属する特殊部隊。パリや主要都市で発生した凶悪事件やテロ事件が起きた場合に出動する。

部隊は3つのセクションに別れており、

第1セクション
実行部隊(突入や狙撃を担当)

第2セクション
情報収集

第3セクション
交渉、救護、警察犬等の専門チーム。

▼ポーランドの特殊部隊

ポーランド 緊急対応グループ(GROM)


当初陸軍の特殊部隊として1990年に創設されました。
GROMは5軍の中での特殊部隊の一つです。
呼び名は「JW2305」「G-boys」など。


任務は対テロ、直接行動、海洋テロの阻止、港湾警備、不正規戦など。GROMは雷を意味する言葉でその名前に恥じない活躍を色々な場所で見せる。

この部隊はアメリカやヨーロッパ諸国とほぼ同等の能力と装備を有しているとのこと。
出典 ポーランド軍の特殊部隊の装備が凄い(写真21枚)- ネタサイトZ

その創設当時の役割は対テロリズム戦闘であり、米軍SOCOMや英軍S.A.Sの支援のもと形成されました。
出典 【ポーランド・武装組織・民間警備会社】世界の特殊部隊を解説つきで貼って行く。 : 気になりますちゃんねる

▼中国の特殊部隊

雪豹突撃隊

14年にヨルダンで開催された「特殊部隊オリンピック」では優勝を果たし、一躍その存在が国外でも有名になった。
出典 世界が注目 中国最強の特殊部隊「雪豹突撃隊」をテロ対策で投入 – ライブドアニュース


武装警察の中で「最強」と呼ばれている特殊部隊「雪豹突撃隊(Snow Leopard Commando Unit)」
簡体字:雪豹突击队、英語:Snow Leopard Commando Unit, SLCU

その任務は対テロ作戦、暴動鎮圧、ハイジャック対処、爆発物処理など多岐にわたる。2008年の北京オリンピックの折、SLCUは北京市公安当局所属のSWATチームと共に警備任務の主力を担った。部隊の公的な名称は、北京総隊第13支隊第3部隊である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomsanをフォローする
節目にいるものいらんもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました