スポンサーリンク

どこ住んでても「子育て支援パスポート」は出産後直ちにゲットすべし!全国で使え提示するだけで割引きやお得サービス受けられて持ってないと損【関西近畿地方の場合】

スポンサーリンク

出産を控えている方やプレママさんには特に見てもらいたい情報です。

小さなお子様がおられる世帯を対象に、子育てを応援する企業や事業者を募り、その協賛店で割引やお得なサービスを受けられる事業が各都道府県にあることを御存じですか?

使い方はどれも登録し送付されたスマホ画面、もしくは郵送されたカードを協賛店で提示するだけでOK!とっても簡単に使えてお得なカードなんです。

スポンサーリンク

全国で相互利用可能「全国共通コソダテマーク」

前は各自治体ごとの協賛店でしか使えませんでしたが、今では47都道府県全てのカードで全国の協賛店舗での相互利用が可能となりました。全国共通コソダテマークが目印です。もちろん登録は全て無料です。

今回は関西版・近畿地方の地域ごとに各自治体が発行している、持ってるだけでお得な「子育て世帯割引カード」を紹介します。

スポンサーリンク

大阪府:まいど子でもカード

大阪府では、次世代育成支援の一環として、社会全体で子育て世帯を応援する気運の醸成のため、18歳未満の子どもを育てている世帯を対象に、企業等の協賛により、シンボルマークのついた携帯電話画面や会員証(カード)などを店舗で提示することで、割引・特典などのサービスが受けられる「まいど子でもカード」事業を実施しています。

http://www.pref.osaka.lg.jp/kosodateshien/maidokodemo/index.html

大阪府が発行している「まいど子でもカード」。

大阪府内の協賛店は、なんと1万箇所以上!さらに大阪府以外にも兵庫・滋賀・京都・三重・奈良・和歌山・鳥取などにも協賛店が多くありそちらの店舗でも使えます。

18歳未満のお子様をお持ちのご家庭なら誰でも対象。しかもこのカードはなんと、大阪府に住んでいない子育て世帯もOK

関西在住なら逆に持っとかないと損なカードなんです。

まいど子でもカード

まいど子でもカード提示によるお得なサービス。例えば、

  • 丸亀製麺→ミニうどん一杯無料かうどんサイズアップ無料
  • ドミノピザ→注文金額15%割引
  • デニーズ→食事代5%割引
  • ガスト→5名までドリンクバー無料

有名どころだけでもこんな感じでお得なんです。協賛店はまだまだたくさんあるのでさがしてみてくださいね。

まいど子でもカードの登録はこちら

スポンサーリンク

兵庫県:ひょうご子育て応援の店

兵庫県では、18才未満のお子様を持つ兵庫県在住の世帯を対象に「ひょうご子育て応援の店」を展開しています。

大阪のまいど子でもカードと同じく協賛店は兵庫県以外にも拡大されていて、パスポート提示もしくはスマホ画面の提示で割引やお得なサービスが協賛店で受けられます。

全国チェーンの協賛店は大阪や他都道府県が発行しているカードと割引率などほぼ同じです。

しかし兵庫地域にしかない施設や飲食店など、このカードでしか特典を受けられないお店もありますよ。

ひょうご子育て応援の店パスポートの登録はこちら

スポンサーリンク

奈良県:なら子育て応援団

奈良県・市町村・奈良県こども・子育て応援県民会議では、さまざまな分野・地域で子育てを応援する企業、店舗、NPO等を団員とする「なら子育て応援団」を設立しました。
 「なら子育て応援団」は妊婦及び18歳未満のお子さんがいる世帯を対象として、料金等の割引きや特典などのサービスを行っています。

https://www.kosodate.pref.nara.jp/outline/

なら子育て応援パスポートの登録はこちら

スポンサーリンク

京都府:きょうと子育て応援パスポート

きょうと子育て応援パスポート事業は、子育て家庭を社会全体で応援するため、企業・店舗等、京都府、市町村が協働して取り組んでいます。

子育て家庭にパスポートを発行し、協賛店舗が様々なサービスを提供することを通して、子育てを応援する取組です。

ステッカーが掲示された協賛店でパスポートを提示すると、各店の独自のサービスを受けることができます。

http://www.pref.kyoto.jp/kosodateouen/

京都府が発行している「きょうと子育て応援パスポート」。

京都の府立施設はこのカードのみ利用可能で、他府県の子育て支援カードやすくすくかんさいのマークのみのカードは使えませんのでご注意ください。

きょうと子育て応援パスポートの登録はこちら

スポンサーリンク

滋賀県:淡海子育て応援カード

18歳未満のお子さんまたは妊娠中の方がいる家庭を対象として滋賀県が無料で発行しているカードです。
事前に利用登録すると、淡海子育て応援カードが発行されます。
このカードを「淡海子育て応援団」の協賛店で提示すると割引などのサービスを受けることができます。

https://www.hugnavi.net/cheer/what.php

淡海子育て応援カードの登録はこちら

スポンサーリンク

和歌山県:わかやま子育て支援パスポート

少子化が進行する中、地域社会が一体となって子育て家庭を応援し、子どもを生み育てやすい環境 づくりを進める必要があります。

和歌山県では、家族の絆を深めるとともに、社会全体で子育て家庭を応援する気運の醸成を図ることを目的として、「わかやま子育て支援パスポート事業」を実施しています。

https://wave.pref.wakayama.lg.jp/yuutai/gaiyou/index.html

わかやま子育て支援パスポートの登録はこちら

スポンサーリンク

まとめ

以上、近畿地方の子育て支援パスポートを紹介しました。

全国で相互利用できるようになり、より便利にお得な割引サービスを受けられるようになった、各自治体が発行する子育て支援カードは持ってないと損です。

また、各自治体が発行する地域でしか利用できないご当地施設もあったりするので調べてみるのも面白いかも?

出産を控えているママさんやプレママさんは是非チェックしてみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました