【WEBマンガ】個人的に好きなバトル漫画を紹介

スポンサーリンク

僕は漫画を読むのが好きです。特にバチバチのバトルものが好きです。 戦うことを中心に物語が展開していくバトル漫画にもいろんな種類が ありますが、能力系バトル漫画や、緻密な設定がありすぎるマンガは 七面倒で嫌いです。やれ伏線回収だの、矛盾だのどーでも良い! 勢いで読んで、熱さを感じられればオールオッケー!そんなノリです。

ここではそんな偏った嗜好の僕が現在読んでる、またはオススメする WEB漫画を、メジャーマイナー問わずご紹介致します。

スポンサーリンク

ケンガンアシュラ

裏サンデーで連載されていました。現在は続編ケンガンオメガが連載中です。 刃牙が好きなら必読!刃牙をリアルタイムで読んでた頃感じた「熱さ」が この漫画にはあります。途中からトーナメントが始まりますが、男塾と刃牙に ハマった者からするともうそれだけでドストライクです。バッチバチの殴り合いです。 格闘描写も見やすくて好き。

ケンガンアシュラを

終末のワルキューレ

マンガほっとで連載中。神々vs人類の英雄の物語。 要するにゼウス等の神々と、呂布や佐々木小次郎等の人類史における強者が 一対一でタイマンを張り、神々に勝てなければ人類滅亡、というド直球な内容。 今まで何で無かったの?と言いたいぐらいの設定なんですが、バトルがこれまたメチャ熱い。 対戦者同士の強さのスケールが桁違いなので、1試合毎の熱量が半端ないです。 お互いいつ瞬殺されてもおかしくない展開が続き、小難しいことを考えずに読めます。 絵も綺麗。

終末のワルキューレを

ワンパンマン

アニメ化もされ今や超メジャーになったWEBマンガです。内容は皆知ってると思うので割愛。 個人的にサイタマのバトルシーンよりもジェノスや金属バット、バングやアトミック侍などの バトルが好き。ガロウも好き。

ワンパンマンを

漆黒のコスモス

新都社で連載中。コスモスという人語を話すケモノ達が、カオスという敵と世界存亡をかけて戦う漫画です。 かわいいキャラも多くコミカルな描写もある一方でかなりショッキングな展開もあったりと 緩急があり引き込まれます。バトルシーンも熱いのでお勧めです。 前作のthe blossomも面白い。

漆黒のコスモスを

RUIN

新都社で連載中。物語は剣と魔法やギルド等、王道系のバトルもので、絵は正直上手くないかもしれないが、それを補って余りある勢いと熱さがある漫画で大好きです。 格闘描写も分かりやすく、細かいことを気にせず個人的に読み続けている漫画の一つです。 長期連載ですが展開が読めない場面も多くとても面白いですよ。

魔法使い

週刊マナバナイというサイトで連載中。人智を超えた力を持つ者を魔法使いと呼ぶ世界の物語。 とにかく格闘描写のスケールが大きいです。超人的な強さを持つ魔法使いと、そのような力を持たない 普通の人間(ノーマル)との戦闘シーンもあり、その対比描写がより魔法使いの強さを際立たせています。 更新速度は遅いですが熱いバトル漫画です。

魔法使いを

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには

サイコミで連載中。主人公はメガネを掛けたコンビニ店員でバイトする若者、強(つよし)。一見ひ弱そうな主人公が実はめちゃくちゃ強く、その強さを聞きつけた猛者たちが次々と彼に挑戦するが・・・?

圧倒的強さを持った主人公のお話で、設定はワンパンマンみたいながら、争いを好まない性格の主人公に親近感が徐々に沸き、なんでそんなに強いのかも現時点では謎に包まれています。格闘描写も分かりやすくおすすめです。


TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツにはを

Tomorrows アンアンたちの革命

マンガほっとで連載中。動物たちの力を持ってしまった少年・少女たちの悲しくも熱き物語。過酷な生い立ちのキャラが多い中、普段は明るく振る舞う主人公たちに感情移入してしまいます。バトル描写も迫力があって飽きずに読み進められます。


Tomorrows アンアンたちの革命を

王様ランキング

マンガハックで連載中。耳が聞こえず非力な王子が、多くの人と出会い成長していく物語です。超おすすめ!まだ読んだことのない方、是非一回読んでみて!一見昭和の漫画の雰囲気を感じさせる画風ですが、いろいろ細かいことを差し置いてとても良い物語です。バトル描写もあるんですが、読み終わるといつもディズニーの映画や絵本を見終えたような、懐かしいというか不思議な気持ちになるマンガです。


王様ランキングを

黒影のジャンク

サイコミで連載中。落ちこぼれの魔法使いが、最強を目指す王道バトルファンタジー。少年ジャンプで連載していても全く違和感がないような、友情・努力・勝利系ド直球の物語です。いろんな魔法の応酬が続き、バトル描写もとても迫力があり分かりやすいです。


黒影のジャンクを

四の五の考えずに勢いで読めるバトルマンガをいくつか紹介しましたが如何でしょうか? ではまた!