スポンサーリンク

次のタモリ的なポジションはマツコ・デラックス!?2人の意外な共通点

スポンサーリンク

マツコさんの冠番組が絶好調

昨秋ゴールデン進出したTBS「マツコの知らない世界」(火曜午後9時)が好調だ。
出典 21時台マツコ 脱ひな壇で好調(2015年2月24日(火)掲載) – Yahoo!ニュース

マツコとゲストの2人きりというシンプルな番組構成が“ひな壇疲れ”した視聴者層をつかんだのか、先ごろ放送されたスペシャル版は番組最高の視聴率14・5%を記録した。
出典 21時台マツコ 脱ひな壇で好調(2015年2月24日(火)掲載) – Yahoo!ニュース

マツコ・デラックスが「ドレッシング」「加湿器」「ギョーザ」「手帳」など、その分野に情熱を注ぐ専門家を招き、奥深い世界を掘り下げる番組。

↓ネットの声

現場が楽しみながら作ってる感じが伝わってくる。

マツコのコミュニケーション能力・人間力・包容力の高さが面白い番組にしていると思う、不思議な人ですね。

マツコさんは視聴者目線になるのが上手く、ゲストの素人さんに対しても決してぞんざいに扱うことがないので、見ていて不快になることがほとんどないです。

深夜枠の頃から見ていてコアな内容とマツコさんのキャラクターが相まって文句なく面白い。

飛ぶ鳥を落とす勢いの「視聴率男」

マツコは1月18日に放送されたフジテレビ「ヨルタモリ」(日曜後11・15)にゲスト出演し、番組最高の11・4%に貢献。テレビ朝日「マツコ&有吉の怒り新党」(水曜後11・15)日本テレビ「月曜から夜ふかし」(月曜後11・59)など好調な深夜番組に続き、ゴールデンタイムでも結果を出しつつある。
出典 「マツコの知らない世界」番組最高14・5%!ゴールデンでも結果 (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

4月からは日本テレビ「マツコとマツコ」(土曜後11・00)がスタート。TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)の月曜コメンテーターも務める。
出典 「マツコの知らない世界」番組最高14・5%!ゴールデンでも結果 (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

マツコさんの番組作りへの姿勢

テンション高く笑える人や、感動VTRでちゃんと泣いてくれる子をにぎやかにキャスティングするというのが今の番組の作り方だと思うんですけど、「それ要るのかな」というのがマツコさんの思い。
出典 脱ひな壇で快調、マツコのゴールデン番組 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

「テレビってお金かけすぎ」「世の中そんなに派手じゃない」と。見た目は派手な女装のマツコさんですが、人間性はとてもシンプル。テレビもそうあるべきだという思いが形になっています。
出典 脱ひな壇で快調、マツコのゴールデン番組 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

マツコの知らない世界・坂田栄治プロデューサー談

純粋にその分野が好きなのか、ビジネスとして好きなのか、会うと分かるんですよ。ビジネスとして好きな人は面白くならない。何の得もないのに一生懸命やっているから研究成果やおすすめ商品が面白いのであって、何人か会ってみてピンとこなかったら、そのテーマからは撤退しています。
出典 脱ひな壇で快調、マツコのゴールデン番組 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

「実は、マツコさんが叩くのは強者だけ。弱者には優しいんです。だから、決して上から目線にならない」
出典 マツコはなぜ人気なのか?毒舌でも炎上しない“納得の理由” (女性自身) – Yahoo!ニュース

「上司にこびへつらうスタッフには情け容赦ないほど厳しい。でも現場で人知れず頑張っているADには『よくここまで調べてきたね』と褒めてくれる。お祝い事があるとポケットマネーで5万円や10万円のご祝儀をくれたりもする。そんな器の大きさがある人です」
出典 マツコはなぜ人気なのか?毒舌でも炎上しない“納得の理由” (女性自身) – Yahoo!ニュース

マツコさんから言われているのは「汗をかけ」ということ。「ちゃんと調べてね」「ゲストを大切にしてね」と。
出典 脱ひな壇で快調、マツコのゴールデン番組 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

実際の番組内でも、その道の専門家であるゲストに敬意を持って接しているのが伝わってくる。

「マツコさんは、お金のことで文句を言いません。ギャラは1本30万円ほど。これはひな壇クラスで、破格の安さです。そんな状況でも、マツコさんは衣装をいつも自腹で作ってきます。『ギャラが全部、衣装代に消えていくわよ!』と嫌みの一つも言われていますが」
出典 マツコはなぜ人気なのか?毒舌でも炎上しない“納得の理由” (女性自身) – Yahoo!ニュース

豊富な知識と歯に衣着せぬ発言

何でもよく覚えているのは驚きますね。「これ食べたことある」とか「ここ行ったことある」とか。ゲストが話しやすい雰囲気をうまく作っていく。
出典 脱ひな壇で快調、マツコのゴールデン番組 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

(1)ジャンルを問わず知識がある
(2)それぞれのジャンルについて一家言持っている
(3)セレブな知識よりも庶民的な内容のものが多い
出典 マツコ・デラックスや有吉弘行はなぜ博識なのか?ネット上で話題に – ハードワーカーズ

この博識ぶりが、発言に説得力が増す要因でもありそう。

マツコの世界遺産について

さらに特筆すべきは「知識を語ったとしても嫌味がない点」
出典 マツコ・デラックスや有吉弘行はなぜ博識なのか?ネット上で話題に – ハードワーカーズ

いわゆる「雑学タレント」や「クイズ王」的なひけらかし感がなく、逆にその分、「素直に評価する気持ちにさせられる」とのことで、また、自分があまり詳しくない領域について、下手に弁解したり誤魔化したりせず、「知らない」「詳しくない」とちゃんと言えることや、一方的にまくし立てるだけではなく、まず相手の話をじっくりと聞き、軽妙な相槌を挟んだり、話を聞いたあとで自分が発言するという彼らの会話のスタイルも、多くの人々に好印象を与えているようだ。

嫌味がない・・?これってあの方に似てない?

タモリ

↓ネットのタモさんに対する声

博識なところが好きです。自分だけがべらべらしゃべったり話に無理にオチをつけようとしないところもいい。
出典 http://woman.mynavi.jp/article/140211-22/

安定して面白いし、知識が豊富でとても尊敬している。たまに暴走するところも「待ってました!」って感じで楽しめる。
出典 http://woman.mynavi.jp/article/140211-22/

長く司会をやっているが、そういった大物感がなく、庶民的なところ。多くのことを知っていて、勉強になる。
出典 http://woman.mynavi.jp/article/140211-22/

発言が誰に対してでも公平だから好きです。

芸人でも文化人でも、どんな話でも引き出せるところがすごい。とても好感が持てる。
出典 http://woman.mynavi.jp/article/140211-22/


豊富な知識から広がる引き出しの多さ、嫌味にならない人間性など、マツコとの共通点は多い。

マツコ・デラックスさんがゲストのフジテレビ『ヨルタモリ』。再開発大好きなマツコさんが渋谷再開発の大プロジェクトについてタモリさんと熱く語り合っていました。
出典 タモリ マツコ・デラックス 渋谷再開発を熱く語り合う

振った話題が「東京の地理」、マツコもタモリも大好物のテーマです。
出典 ヨルタモリ 1月18日放送~マツコ・デラックス : Halohalo online

加えて2人ともめちゃ詳しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomsanをフォローする
節目にいるものいらんもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました