スポンサーリンク

気が付けばずーっとTVに出続けている方々【もしかして天下取るよりすごいこと?】

スポンサーリンク

気付けばテレビに何年もコンスタントに出続けているタレント・有名人をまとめました。

勝俣州和
日本のお笑いタレント、元アイドルでCHACHAのメンバーでもある。愛称はかっちゃん。
出典 www.amazon.co.jp

デビューから30年以上に渡りテレビに出演し続けるタレント・勝俣州和。
出典 「なんとかしてくれる男」勝俣州和、バラエティ界最強のバイプレイヤー  | ORICON NEWS

MCや冠番組は持たないものの、共演者を選ばないバイプレイヤーとして活躍している。
出典 勝俣州和 – Wikipedia

冠番組を持つわけでもなく、視聴者が勝俣だけを求めてチャンネルを合わせることも、おそらくないだろう。テレビ番組の企画では“勝俣のファン0人説”も囁かれる一方、どんな大御所によるMC番組でも、ふと気がつけば勝俣がいる。そして視聴者もそれが当たり前だと感じている。そんな勝俣州和の唯一無二の“存在感”はバラエティ界最強のバイプレイヤーという言葉が相応しい。
出典 「なんとかしてくれる男」勝俣州和、バラエティ界最強のバイプレイヤー  | ORICON NEWS

勝俣の代表作は何か?と言われて、すぐに答えられる人はいないだろう。でも、テレビを観るといつもそこにいるのである。しかも特筆すべきは、どんな大物MCや大物お笑いタレントの番組にも出演していることである。
出典 「なんとかしてくれる男」勝俣州和、バラエティ界最強のバイプレイヤー  | ORICON NEWS

タモリ、ウッチャンナンチャン、とんねるず、和田アキ子、みのもんた、中居正広にダウンタウンといった、そうそうたる大物MCたちと絡んできており、冠番組によってどこか“派閥”がありそうな芸能界を縦横無尽に行き来しているという、非常に“稀有”な存在と言えるだろう。
出典 「なんとかしてくれる男」勝俣州和、バラエティ界最強のバイプレイヤー  | ORICON NEWS

井森美幸
日本のバラエティアイドル、歌手。本名、同じ。

群馬県甘楽郡下仁田町出身。ホリプロ所属。第9回ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリ。身長160cm。血液型はA型。未婚。一人っ子。
出典 www.amazon.co.jp

ベテランタレントが再評価される傾向にある昨今の芸能界において、35年間活躍し続けている特異な人物が“元祖バラドル”井森美幸だ。
出典 元祖バラドル・井森美幸、35年間に渡り“最前線”に立ち続ける衰え知らずの瞬発力 | ORICON NEWS

1987年(昭和62年)頃から山瀬まみが、三枚目的な受け答えもこなすタレント性を有しバラエティー番組等で重宝するアイドル、いわゆるバラドルと呼ばれ始め、それを追随するように松本明子・森口博子らと共にクローズアップされ『元祖バラドル』『バラドルのパイオニア』の一人として名を連ねるようになった。
出典 井森美幸 – Wikipedia

50歳を過ぎた現在もバラエティー番組出演時には全盛期と同じキャラクターを発揮する稀有な存在といえる。
出典 井森美幸 – Wikipedia

毎週出演しているようなレギュラーは特にないが、バラエティアイドルとして、ゲスト枠で重宝され続けている。

「嫉妬ではなく、リスペクト。この人すごいと思っている」「30年このポジションでやっていて。かわいそうな女というポジションをとらない。人を傷つけないし、つねに一生懸命。スタッフさんがしてほしい質問もちゃんとする」と絶賛。

番組内にて大久保佳代子がコメント

「笑いの基礎能力が芸人ばりに仕上がっている。突っこませる隙もちゃんとあるし、下品さもないし、ロケにいたら一番安心する。僕は食レポが苦手で困った時があったんだけど、井森さんは全部目の前のものを食べる。そうすると僕も“全部食べているやん!”って突っこめるから本当に助かった。みんなも食レポで芸人と一緒の時は全部食べちゃうのが良いと思う」
出典 陣内智則が絶賛する女性タレントBEST5を発表!5位鈴木奈々・4位こじるり・3位菊地亜美に続く上位は? – music.jpニュース

陣内智則が番組内で絶賛。

基本的に、NGにしている仕事はない。
出典 井森美幸 – Wikipedia

島崎和歌子
日本の歌手、タレント、女優、司会者。
90年代アイドル。血液型O型
。所属芸能事務所は、ゴールデンミュージックプロモーション。
愛称は、「和歌ちゃん」「ワッコさん」「和歌子」「和歌姉」「姉さん」。
出典 www.amazon.co.jp

入れ替わりの激しい芸能界では、今年活躍していた人が来年もテレビに出続けているとは限らない。そんな中で、コンスタントにテレビに出続け、唯一無二の存在と言われているのが島崎和歌子だ。
出典 平成No.1バラドル? 絶対に代えのきかない存在、島崎和歌子が芸能界で重宝され続けるわけ (2019年5月3日) – エキサイトニュース

森口博子や井森美幸、山瀬まみらとともに“元祖バラドル”と言われ、80年代はアイドル的存在でもあった島崎。しかし現在は、バラエティを中心に、司会業もこなすなど活躍は幅広い。業界では必要不可欠な存在となっているようだ。
出典 平成No.1バラドル? 絶対に代えのきかない存在、島崎和歌子が芸能界で重宝され続けるわけ (2019年5月3日) – エキサイトニュース

明石家さんまさんなど大物との絡みでは、若手とさんまさんの間にほどよく入り、困った時に合いの手を入れる。自身もいじられキャラに徹することができるので、現場では、いると安心する存在だと言われています。土田晃之さんは島崎さんの先輩を立てる能力も称賛し、まさにレジェンドだと言い切っていました。
出典 平成No.1バラドル? 絶対に代えのきかない存在、島崎和歌子が芸能界で重宝され続けるわけ (2019年5月3日) – エキサイトニュース

現場が島崎さんに頼ってしまう雰囲気があるので、それを見てマツコ・デラックスさんが、『最近のテレビは、みんな島崎和歌子を便利づかいしすぎ』と警告したこともあります。
出典 平成No.1バラドル? 絶対に代えのきかない存在、島崎和歌子が芸能界で重宝され続けるわけ (2019年5月3日) – エキサイトニュース

オールスター感謝祭に、島崎さんが司会に抜擢された時はまだ18歳。当時はまだまだ初々しかったですが、今では島崎さんでないと、あの場は仕切れないでしょうね。あれほどの芸能人がいて、バラエティに慣れていない俳優陣も多い現場では、多少の強引さも必要。カメラが回っていない場面で上手に芸能人たちを誘導し、スムーズな現場を作り出しています。大物芸能人にも角が立たないようにうまく注意できるので、島崎さんの存在はとても大きいようです
出典 平成No.1バラドル? 絶対に代えのきかない存在、島崎和歌子が芸能界で重宝され続けるわけ (2019年5月3日) – エキサイトニュース(2/2)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomsanをフォローする
節目にいるものいらんもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました