スポンサーリンク

コロナでお見合いがリモート化しても婚活は結局「お見合い写真」が1番大事なワケ

スポンサーリンク

新型コロナウイルス流行による「新しい生活様式」への移行は婚活業界にも広がっています。

自分はカメラマンという仕事柄、提携させて頂いている結婚相談所のスタッフさんや仲人さんとお話する機会が多く、コロナ渦以降はzoomなどのリモートを用いたオンラインでのお見合いが一般的になりつつあるんだとか。

お見合いをリモートで行うメリットは多く、

  • 会う場所をセッティングする必要なし
  • 自宅で完結するので準備が比較的容易
  • 遠方同士のマッチングも問題なし
  • 男性側がお茶代を出す必要なし

など、お見合いという行為がとても気軽なものとなっているそうです。

その半面、直接会うことで感じる空気間がわかりにくいことや、自宅でリモートしているからなのかリラックスし過ぎてしまい横柄な態度になる方の増加などデメリットもあり、従来のお見合いとは一長一短なんだそうです。

私の周りの仲人さんは、まずはリモートで、気に入れば直接会って、というように段階的な、従来のお見合い形式の前にオンラインでのお見合いをワンクッション挟んでおられる方が多いように感じます。

また新型コロナウイルス感染拡大の影響で、婚活を始める方が増えているとの声もよく聞きます。人との繋がりが無くなり、不安も少なからず皆が抱えている今、人生を共に歩むパートナーを欲することは、ある意味当然なのかもしれませんね。

コロナによって活動人口が増加し、zoomお見合いでより気軽になっている婚活。

いまのタイミングは婚活に二の足を踏んでいた方にとっても始める絶好のチャンスですね。

従来のシステムより格段に活動しやすくなったとは言え、婚活するうえでずっと変わらない、大事なツールがあります。

写真です。

僕の本職がカメラマンだから言ってるわけじゃぁありません。

婚活のシステム上そう言っています。もう声を大にして言い切れます。

婚活するうえで写真は2万%大事です!

なぜか??

その理由はとても簡単でシンプルです。掲載する写真によってはマッチングしないからです。

いくら待っていても、お見合いの申し込みが全く入らないばかりか、自分が良いと思った異性にどれだけ申し込んでも全く受けてくれない、それが「マッチングしない」状態です。

リモートお見合いだろうがなんだろうが、直接話す機会を作れないことには婚活するうえでスタートラインにすら立てていない状態なんですね。

オンラインで気軽に、日本全国の会員とzoomなどリモートでお見合いできるるようになりつつあることは裏を返せば、婚活を同時期に行っている同性のライバルの数も増えているということ。

お見合い会場をセッティングする必要のないリモートお見合いはとても気軽にどんどんお見合いが可能な反面、回転も速く、マッチングの取捨選択も速いスピードで行われます。

大勢の方が、プロフィール写真でコケると婚活が大失敗に終わる現実。でも、婚活を成功させる確率を上げるのはそんなに難しくありません。写真の第一印象をアップさせれば良いだけです。

あなたの写真を見た異性に、好印象な第一印象をインプットさせるんです。それだけで成婚の確率が跳ね上がります。

容姿や年収を今すぐ良い方向に変えることは容易ではありません。

しかし写真は、気合を入れれば一日で好印象の、マッチングできる「確率」をアップするものをゲットできるんです。あなたの印象をガラッと良い方向に変えることが可能なんですね。

リモート婚活、zoomお見合いが今後スタンダードになろうとも、お見合い写真が超大事ということは変わることはないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました