「バイトテロ」から学ぶ、婚活する上での当事者意識の有無

スポンサーリンク

最近ニュースで連日のように取り上げられている「バイトテロ」。すでにご存じの方が大半かと思いますが、飲食店やコンビニ等で働くアルバイトの方が職場で不適切な行為を行い、その動画をSNSで拡散。結果、第三者の目に触れ炎上し、アルバイト先の企業の評判が悪化する、損害を被るといった流れを指します。企業にとっては非常に忌忌しき事態で、解雇は当然の上、民事・刑事両面で法的措置に乗り出すことを検討する企業も増えています。

少しふざけて、目立ちたかった。

軽い気持ちで投稿した。

こんな大事になるとは思っていなかった。

アルバイト先で不適切な動画を撮影し、SNSに投稿した本人、当事者は、恐らくこんな意識なのだろうと思います。その場のノリ、軽いヤンチャだと認識してやってしまったことが、その方にとって取り返しのつかない事態になってしまう可能性がある、世界中へ自分の行動が発信できるSNS特有の事案ですね。

ただ度合いの大小にもよりますが、これって「当事者意識」があるかないか、といった話に尽きるのかなと思いませんか?

自分の置かれている環境、立ち位置をきちんと理解していれば、このような事態は未然に防げ、起こりえないですよね?

例えばバイトテロの場合、

「私は○○社でアルバイトとして働いている」

「働く対価として、月に○○円給料をもらっている」

「給料をもらう対価として、○○社が希望する業務を行う」

「その業務を行う際は、給料をもらう対価として○○社に迷惑を被るような行いをしてはならない」

といった、当たり前のことを当然、まず連想します。

でも、仕事を覚えこなしていくうちに、同僚も増えるなど色々な要因により「慣れ」てきます。良くも悪くも。

このタイミングで、社会的責任を忘れてしまい、当事者意識がなく軽い気持ちで不適切な動画、すなわち「バイトテロ」に及んでしまう、といった流れが多いんでしょうね。

この、「当事者意識」の有無は、いろんな思考に結びつくんです。要は自分がアクションを起こしたことによる影響にどう責任を持つか、あるいは持てるか、ってことです。

婚活に紐付けてみましょう。

プロフィールにも書いてある通り、僕はカメラマンとして多くのお見合い写真をこれまで撮影してきました。現在進行形で今でも撮影しています。

婚活をスタートする上で、最初に準備するとても大事なツールです。この写真の仕上がり具合で、お見合いマッチングや成婚できる確率が大きく変わるとさえ、経験上また統計的に思います。

そんな大事なお見合い写真なのに、撮影に来られる方の多くに当事者意識が無いんですよ。体感で5、6割程度の方かな。こんな人に多いです。

  • プライドの高い人
  • 他力本願
  • 自分を客観視できていない人
  • 男女問わず、めっっちゃ多い!特に上記全部当てはまるタイプの人!
  • 撮影時に、「親や仲人から紹介されから仕方なく来ました。写真撮られるの苦手です。」とか、「服はこれしかないので…」とか、色んな「言い訳」をカメラマンに伝えます。こういう人に限って。

    何百人、何千人とお見合い写真を撮ってきた私には、そういうタイプの人の心理はお見通しなんです。

    要は「あなたプロカメラマンでしょ?上手く撮ってよね!」ってコト。これってどうなん?

    前述したように、プロに任せてても70点の出来、どこに見せても恥ずかしくない写真は撮れます。でもそれで良いの?

    結婚したいのはあなたなんですよね?ホントに何も準備せず、大事なお見合い写真を撮るの?ってことです。

    当事者意識の無さじゃない?これって。バイトテロをする人と同じく、自分の人生の先を想像できていないんじゃないかなーと思います。

    結婚したいのはアナタ。だから婚活を始めた。良い人と出会う確率を上げるにはどうすれば良いか。

    少しでも良いので、お見合い写真を撮る前に下調べ、準備をしましょう。やってない人がほとんどです。ということは、もうお分かりですよね?他の人と頭一つ差が付き、出会える確率が上がります。やればやるだけ。

    婚活しているのは、貴方です。結婚相談所や仲人さん、婚活カメラマンに全て任せれば結婚できる、と他人任せはやめましょう。あくまで、あなたが結婚できる可能性を上げるツールとして利用しましょう。

    当事者意識を具体的に持てば、おのずと行動できてきますよ。現時点の自己分析を俯瞰的な視点で見直すのも良いでしょう。何が自分に足りないのかを分析して補おうとする意識。どう見られたいかという意識。その意識一つ一つを持つことで出逢いの確率はグングン上がってきますよ。

    他の記事で、具体的な方法を書いてますので是非参考にしてみて下さい。カメラマン視点なのでより実践的な内容かと思います。あなたの婚活が素晴らしいものになりますように。

    婚活・結婚
    スポンサーリンク
    シェアする
    tomsanをフォローする
    スポンサーリンク
    節目にいるものいらんもの

    コメント