スポンサーリンク

テレビのロケ撮影クルーに対する、一般人の呆れ声

スポンサーリンク

態度が横柄、上から目線、エラそうなど、不満が噴出。

フジテレビ「おじゃMAP」ロケにて

観光客でにぎわう静岡県熱海沖の初島で8月14日、フジテレビの番組スタッフがとんでもない“暴走”をしていたことが分かった。

問題の番組は2日に放送されたSMAP香取慎吾(38)や山崎弘也(39)がレギュラー出演する「おじゃMAP!!」(水曜午後7時)だ。

夏休みを満喫していた親子連れに向かって大声をあげるなど、大ひんしゅくを買ったという。

初島は“都心から最も近い離島”といわれる人気の観光スポット。しかも、ロケ当日はお盆期間中だっただけに多くの観光客が訪れていた。

食堂の前には同番組で使用されるロケ車「おじゃMAPワゴン」が止められていたが、まずその場所が問題だった。

狭い車道に車をはみ出して駐車して、他の車が通れなくなっていた。地元の運転手も怒っていたとの情報も。

スタッフに観光客が「何の番組なんですか?」と聞いたという。番組の知名度が予想外に低いせいか、スタッフは明らかに不機嫌そう。

「一応『“おじゃMAP”です』と答えていたけど、すごくイヤそうだった。お盆に人でごった返すなか、観光地に勝手に来てロケをやってるのに、態度はひどかった」

香取ら出演者はフェリーから見えるところを悠々と歩いて移動し始めた。これには乗船していた観光客は大喜び。声をかけたりスマホやカメラを向けたりする人が現れた。観光客が写真を撮るのは自由だが、番組の女性スタッフが信じられない行動に出た。何と乗船券も持っていないのに、いきなり船内に乗り込んできたのだ。

小さな子供もいるというのに、大きな声で「撮影をやめてください!」と般若のような形相で叫び出した。あまりの横暴さに周囲はあぜん。怒った乗船客が「乗船されるんですか?」と聞いたところ、女性スタッフは「いえ、乗りません!」と平然と答えた。乗船券もないのに撮影をやめさせるためだけに、船に乗り込んでくるとは非常識と言わざるを得ない。

「こっちが立入禁止の場所に入ってカメラを向けたのならともかく、向こうが観光地に来てロケをやった。お盆だから、人がいっぱいいるのは分かるはずなのに、何であんな横暴な態度になるのか?」と目撃した男性はあきれ果てていた。

テレビのロケと遭遇し、嫌な思いをした人は多い

最近よく近所で草彅剛と伊藤英明がドラマ撮影をしています。
日常生活でよく通る場所なのですが歩いてるとスタッフの人達が迷惑そうな顔で、
今撮影中なので通らないでください。とか、
ここにいると映ってしまうのでちょっとそちらで待ってて下さい。とか言ってきます。
あなたたちは何様なの?
私はこの道を通らなきゃ帰れないんですけど?
上から目線でかなりうざいです(*_*)
出典 素人が目撃した芸能界・テレビ業界の裏側 | ガールズちゃんねる – Girls Channel –

ドラマ撮影やロケを近所でしていると野次馬だと思われてスタッフから「ちょっと道の端に…」「今は通らないで下さい 」など言われて不愉快
生活しにくいしお願いだからあなた達が邪魔なの分かってよと思います
絶対そのドラマは観たくない!
出典 素人が目撃した芸能界・テレビ業界の裏側 | ガールズちゃんねる – Girls Channel –

何人か書いている方がいらっしゃるけど、撮影の人払いのスタッフってなんであんなにエラそうなんだろう。
私も大昔お昼過ぎにアルタ前をたまたま歩いていて、なんか人だかりがあるなーとか思ってたら突然「どいてどいて!」とスタッフらしき男に突き飛ばされたことがある。
誰か偉い人でも出てくるところだったのかも、でもこっちは退くも何も通りかかっただけなんだけど!?
出典 素人が目撃した芸能界・テレビ業界の裏側 | ガールズちゃんねる – Girls Channel –

学生時代、自分の大学に映画のロケが来た。
皆何も知らされてなく、チラチラ見てる学生達にスタッフが
立ち止まらないでくださーい!
写るのでよけてくださーい!って偉そうでイラッとした。
場所借りてんの自分らだろ。
出典 素人が目撃した芸能界・テレビ業界の裏側 | ガールズちゃんねる – Girls Channel –

いきなり食事中に突撃取材として、芸能人、カメラマン、音声さん・・・etc
が、入ってきました、私たちはお酒も入って、ワイワイ楽しく話しているところを、
ADの方に「カメラ回しますから、撮影の間は黙っててくださいよ。」
と言われカチンときて雰囲気ブチ壊されて、店を出ました。
お店の方が我々に「今日はご迷惑をおかけしましたので、御代金は結構です。
また来てください。本当に申し訳ございませんでした。」と、謝りに来られました。
店の主人や、客にまで大迷惑かけるアポなし取材ってどうにかならないのでしょうか?
出典 飲食店のTV取材のあり方で不快になりました。 – 皆さんは食事中に飲… – Yahoo!知恵袋

近所の川沿いの遊歩道で、子供と散歩してたら、
ドラマのロケ隊が来て、『大事なシーンを撮るのでお子さんはちょっと…』
って言われて退かされた
こっちが先に来てるんだし、大事なシーンとか知らねえよ!
もう観るのやめる!
出典 こっちが先に来てたのに、ドラマのロケ隊が来て「お子さんはちょっと…」って退かされた! すくすくちゃんねる

テレビの撮影多いところに住んでたけど、はっきりいって迷惑だし。
もちろん邪魔したい訳ではないけど、
当たり前のようにどけと言われるのもどうかと思うわ。
出典 こっちが先に来てたのに、ドラマのロケ隊が来て「お子さんはちょっと…」って退かされた! すくすくちゃんねる

昔、某有名スポーツ選手が新婚旅行の時に、たまたま渡航先が一緒で不愉快でした。
その選手の特番用の取材で同行していたフ○テレビのスタッフが、マナーが悪くて最低でした。
飛行機内が空いていたので機材をぶん投げるように空いている席に放り散らし
席の背もたれには足を乗せたりして
一般利用者の私たちにも態度は横柄でした。
出典 民放テレビ某局の「め〇ましテレビ」のスタッフが、取材先で一般人に「邪魔だ、どけ」と暴言をはいたと話題になっていますがどう…|質問・相談が会員登録不要のQ&AサイトSooda!(ソーダ)

そして嫌な事に途中までホテルが一緒でした。
早朝のビーチに散歩に出れば勝手に撮影される始末。
非常に不愉快でした。

かなり前の話なので、あの人たちは今頃あのまんまで
偉いポジションについていることだろうと思います。
昔からマナーは悪くて最低です。

反撃に出る人も。さすがにやりすぎ?

街頭でドラマ(または映画)撮影している現場をどうしても通り過ぎなければ
ならなかったとき、通して下さいと丁重に頼んでいるにもかからわず
「すぐに終わるからちょっと待っててよ」
「こっちはちゃんと道路使用許可取ってやってんだから」
など粗暴な返答をされたことがあります。
出典 民放テレビ某局の「め〇ましテレビ」のスタッフが、取材先で一般人に「邪魔だ、どけ」と暴言をはいたと話題になっていますがどう…|質問・相談が会員登録不要のQ&AサイトSooda!(ソーダ)

京都を一人旅行した時、お寺の庭園を散歩した。
俺のほかにも修学旅行生とかカメラマンとかいろいろいた。
俺は数人の他の観光客とあるいてたら、いきなり寺の中を撮影していたカメラマンが
「とまれーっ!」と叫んでこちらを睨みつけた。
俺は「え?」と即座には認識できなくてさらに数歩あるいたら、
「とまれ!」「と・ま・れ」「とっ・まっ・れっ」と叫びながら睨む。
わけがわからず、止まると中を撮影し、撮影がおわるとカメラマンとアシスタントは
さっさと移動し、別の方向にカメラを向け撮影はじめた。。

俺の髪の毛は逆立った。
出典 http://kitimonogatari.com/archives/32952390.html

そのカメラマンは非常に若く、色は浅黒く、身長は175センチくらい。痩せ型。
その横に、先輩らしき人物がいて手伝っている。

俺は、彼等に近づき、
一体どこの会社の人間か、
あなたたちの行為は無礼ではないかという旨を問うた。

先輩は、「やべえ・・・、へんなの気やがった」という顔でこちらを見ていたが
静かな口調ながら、怒りで震えてこのままでは済まさない決意の俺に気づき、
「すみません」と言った。
しかし、若いカメラマンは、「俺は、止まれといっただけだ。仕事だから仕方ないだろう」
といって、カメラのレンズに目を戻した。

俺はカメラのレンズを覗き込んでいる若いカメラマンの横にたった。
「『止まれ』じゃなく、『止まって下さい』だろ!?
あんなたの仕事に観光客が協力するのは好意であって義務ではない。
無礼ではないか!」
と、耳元で叫んだ。

先輩の方は、小声で、「すいません」と俺にいうが、
先ほどから聞いている会社名も言わなければ、若い方に謝るように促しもしない。
俺は、カメラのレンズの前に手のひらをおき、無視する若いカメラマンの仕事を
中断させた。

しかし、若いカメラマンは、カメラをのぞき続ける。
見ると、怒りか恐怖か知らないが、体が小刻みに震えている。
俺は、追及を続けた。耳元で続けた。
会社はどこだ?だれの許可で観光客を怒鳴りつける?

彼らは、言わない。若いカメラマンは謝らない。
俺は「分かりました」
といって、携帯電話で寺社を管理している事務所に電話をかけた。
カメラマンが観光を妨害している、暴言で観光客を脅している、と。
どこの会社ですかね。いますぐ止めさせてください、と。

若いカメラマンは呆然と俺を見て、
先輩の方は、蒼白になった。
俺は撮影許可を受けた会社の名前と電話番号をその場で聞いた。
そして、私からも抗議するが、そちらからも抗議してください。
そうしないことには、こちらも法的措置をとります、と、言った。

「いますぐ、抗議してください!警察を呼びます!」と事務所を脅し、
私の携帯番号をしらせ、会社側から私の携帯にすぐにかけるように伝えた。

俺は、「今日は、これから大仕事になります。一日付き合ってもらいます。
私は納得するまで、止めません」
と言った。

すぐに庭園に寺の事務所の所員が駆け込んできて、事情を再度聞いた。
呆然とする若いカメラマンの横で、俺は自分が「脅迫にあった」と大いに誇張した。
会社からも電話がきた。
俺は彼等の撮影の即時中止と退去、謝罪を求めた。
それ以上なにもする意志はないと。

周囲には、自由時間できている修学旅行生たちもたくさんいて、
シンと静まり返ってこちらを見ている。

なぜ会社名を言わない、仕事ならなにやってもいいのか、このままでは絶対にすまさない、
と俺は低い声で、繰り返し、しつこく、続けた。
そこに、会社の上司らしき男がきた。

かれは最初は、少し柄が悪く、身長の低い俺を見下ろしながらやれやれ顔だったが、
俺の静かに震える俺にヤバイものを感じ、また事情を聞いて下でになりはじめ、
とにかく謝罪するようにカメラマンにうながした。

「・・・すいま・・せん・・」
と、若いカメラマンがカの鳴くような声でつぶやいた。
もちろん、そんな謝罪では許さない。
「なぜ、悪いか言ってみろ」と俺は静かに問うた。
「なぜ、悪いと思ったか言ってみろ、と聞いている。さあ、あなたはなぜ、悪かったの?」
俺は、しつこい。
寺の所員は、「まあ、まあ」って言う顔で困っている。

若いカメラマンは、ぐっ・・としてどうしていいか分からないでいる。
俺は、「何が悪いか分からずに謝るつもりですか?」といいこういう会話をした。

俺「あなたは何?何してたの?」
カメラマン「写真とっていました、仕事で・・・」
俺「その仕事は私に何の関係があるの?あなたからお金もらってる?」
カメラマン「いいえ、あの、すいません。」
俺「あなたの仕事を邪魔するのは観光客といえどもおかしいよね。でもあなたの
仕事に協力する義務は無いし、まして『暴言』で『脅迫』されるいわれはないね」
カメラマン「はい・・・」

俺は、「さあ、じゃあ、これまでの言葉を続けてみて」と言った。
カメラマンは、「あの、・・・俺は、何の関係もないあなたに対して、
・・・いきなり自分の都合で、・・・」
俺は「自分の都合で?何?」
カメラマン「えっと・・・」
俺「怒鳴りつけただろう?」
カメラマン「怒鳴りつけて、・・歩行を止めさせても、謝りもせずに
・・・あの、すみません・・・」

俺は、少しにやけたヤクザ顔のカメラマンの上司に、「社員教育くらいキチンとしなさい」
と、いい、カメラマンには、「今度から気をつけるように」いい、
カメラマンの先輩には「あなた、本当に後輩教育もできないんですね」といい、
寺の事務所員には、もう結構ですよ、といい、解散をうながした。

俺自身は、すぐ横のイスに腰掛け、じっと彼等を見た。
彼らは俺がそこにいる以上もう撮影は出来ない。
俺に、深深と頭を下げ、その庭園から出て行った。
彼等には、損失の大きい一日だっただろう。その無礼なカメラマンは非常に怒られただろう。
カメラを除くたびに思い出すだろう。
しかし、カメラマンは、そのくらいの薬を受けたほうがいいのだと思う。
今後のために。

なんか、マスコミ関係者って、「仕事だから、仕方ないだろ!」っていうんだよね。
「そりゃ、あんたの仕事だろう」って思う。
もちろん、わざわざ邪魔する気は無いし、丁寧に頼まれれば協力もし得る。
でも、DQNに対しては、こちらも「DQN的」覚悟で望まないと、一方的に好き勝手が通る。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
tomsanをフォローする
節目にいるものいらんもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました