女性に出会える婚活写真を撮るためにいるもの&いらんもの【婚活男子は必読!】

スポンサーリンク

婚活する上でお見合い写真は超大事なツールです。

結婚相談所や仲人を介して行う婚活では通常、いきなり異性と直接会うことはありません。

書面やネットのデータベースなど間接的に異性の「プロフィール」の中から、気に入った異性同士が「マッチング」してお見合いの場を設けられ初めて逢うことができます。

そのプロフィールの内容は基本、文字で占められています。

あなたのお名前や年齢、経歴などですね。あなたの情報を知ってもらうためにもちろん必要です。

お見合い写真は、お名前や経歴などの文字情報では伝えられない部分を補完する役割があります。

それは、あなたの「印象」です。

断言しますが婚活を成功させたいなら「異性にとって好印象な婚活写真を撮る」ことが、なによりも一番大事です。最優先事項です。

想像してみてください。異性の婚活プロフィールを見るとします。

年齢や経歴、年収は申し分ありません。でもその方の写真を見ると・・?

「う~ん説明できないけどなんとなく無理・・」

「なんか生理的に無理かなぁ」

「自分と合わなさそう」

なんとなく、そんな印象だったんでスルーした。

異性を探す際にこんな場面が間違いなく出てきます。

婚活プロフィール内の、文字部分の情報には何の不満もない。

でも写真を見ると、なんか違う。

原因は婚活プロフィール写真の印象や雰囲気があなたに「刺さらなかった」からです。

好印象を持つことができなかったからなんですね。

顔が嫌いって理由もそりゃあるかもしれませんがほとんどの場合、決定的な理由はありません。

婚活プロフィールを見て、この人とはお見合いしないと決める理由は多くの場合、

なんとなくです。 この「なんとなく」が実は超大事。

だから、異性から見て「なんとなく好印象」なお見合い写真を撮るんです。

じゃないと「なんとなく」逢ってくれないので。

別に僕がカメラマンだから言っている訳じゃあないですよ。

ただ、たくさん婚活写真を撮影してきた中で大多数が準備や心構えを全くしてこないお客様が多いんです。

それとは対照的に、しっかり準備されてこられる お客様も少なからずおられます。

そして思うことは、やっぱり写真の出来もその意識の有無で雲泥の差なんです。

もう面白いくらいに。

経験則的に、婚活は勝ち負けがはっきりわかる世界だなとつくづく思います。

じゃあ何をどう準備するのか?ここでは男性が女性に選ばれる好印象なお見合い写真を撮るために、最低限押さえておくポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

男性版:好印象お見合い写真を撮るためにいるもの&いらんもの

スーツはちゃんとしたものを用意すべし!

まず最初に準備するものですが、ここでやっちゃいけないこととして声を大にして言いたいことはズバリ「ケチるな!」です。

スーツのサイズがピチピチ、ブカブカなんてもってのほか。

だらしない印象を相手に与えてしまいます。

独身の男性は服装に無頓着な方が多いです。

昔買ったダブルのスーツや、肩パット入りスーツを持って来られるお客様もいますが、問題外です。

そんなダサい恰好の人と、わざわざ時間を割いて逢ってくれる女性が居ると思ってるんなら大間違いです。

そんな人こそ、この機会にできればオーダースーツを仕立てることをお勧めします。

今では昔みたいに何十万円も掛けずとも手に入ります。

このタイミングでオーダースーツを買ってしまえば、マッチングが成功すればお見合いに、体形を維持できればこの先もいろんな場面で長く使えます。ケチらずに買いましょう。

顔周りを手入れすべし!

撮影当日または前日は念入りに行いましょう。

できれば事前に美容院でヘアカットはもちろん、眉カットもしておきましょう。

眉を整えるというちょっとのことが、清潔感や爽やかな印象に繋がります。

髭剃り、鼻毛が出ないよう手入れもしましょう。

口周りは特に手入れを怠ると、めっちゃだらしない&汚らしい印象になりますので要注意!

顔そりもできればしましょう。顔の明るさが1トーンアップし、より好印象に繋がりますよ。

必要以上に「我」を出すな!一番いらん!

撮影当日のコーディネートやポージング、表情に自分のこだわりをアピールしたい方。

はい、間違いです。今その「我」を出すタイミングではありません。それはなぜか。

あなたの「押しつけ」だからです。

ドヤ感を相手に与えてしまうリスク、もっと言えば女性が「引く」リスクがあるからです。

カメラマンをしてて実にいろんなケースがありましたが、例えば

  • これが俺の勝負衣装じゃ!と、真っ赤なフレームの眼鏡とネクタイを着用⇒漫才師みたいな格好でドヤ顔
  • 音楽演奏が趣味です⇒ギターを持参しドヤ顔
  • 以前やってまして・・⇒柔道着でドヤ顔

言い出したらキリがありませんが、逢ったこともない女性からすると全て

「いや知らんがな!」です。ドン引きですな。

その「我」が、今婚活している理由なのかもしれませんよ?

そんなのは意中の方と出会ってから知ってもらえば良いんです。お見合い写真を撮る時は、いかに好印象を持ってもらえる写真を撮るかということに注力しましょう。

普段の姿とギャップがありすぎるとダメ?

日頃の姿とあまりにもかけ離れてしまうと逢った時にがっかりされるんじゃないか、とか写真の方が良かった・・とか思われるんじゃないかとかお考えの方。

その思考が間違いです。

じゃあ婚活写真を日頃の姿そのまんまスナップで撮って出会えると思いますか?

今まで出会えなかったアナタの、いつもの様子ですよ?

出会えなかったから婚活してるんです。

むしろ、婚活写真のような自分に常日頃からなれるよう目指すべきでしょ!?

婚活はあなたの思考を良い方向へ変化させる1つのきっかけでもあります。

是非参考にしてみてくださいね。

お見合い写真
スポンサーリンク
シェアする
tomsanをフォローする
スポンサーリンク
節目にいるものいらんもの