スポンサーリンク

お見合い写真を撮ってもらうカメラマン選びのコツを毎日お見合い写真撮ってるカメラマンがぶっちゃける

スポンサーリンク

婚活をスタートする上での第一関門、お見合い写真撮影。
この写真の良し悪しが婚活の成功失敗に大きく関わります。
なぜなら婚活プロフィールに掲載するのは、この写真以外は文字のみ。
あなたの第一印象の全ては、お見合い写真でほぼ決まるからです。

僕が知る仲人さんも、お見合い写真はほんまにメッチャ大事だと皆さん口を揃えて言います。
もうこれは現行の婚活におけるシステム上間違いないことです。

良いお見合い写真とは、マッチング即ちお見合いできる確率をアップさせ、ひいては成婚できる確率をアップさせることのできる、婚活するうえでちゃんと準備すべきツールなんですね。

じゃあ良い写真を手に入れるにはどうすれば良いか?

今回は、ほぼ毎日お見合い写真を撮っているカメラマンである私が体験談交えいくつかコツを紹介します。

スポンサーリンク

お見合い写真はプロに撮ってもらうのが鉄則

まずはこれ。お見合い写真はプロに撮ってもらうこと。
スマホで自撮りなど論外です。

そんな写真提出した時点で、婚活のスタートダッシュでいきなりすっ転んでいるようなものです。

昔撮った一番写真写りの良いお気に入りの一枚を出す方もおられますが、これもNG。

なぜだかわかります?

記念写真ならそれでも良いんですが、婚活写真は100%「異性に見てもらう」写真です。

あなたのことを何も知らない異性が結婚相手を探す時に、その候補としてあなたのことを始めて見る写真です。

そして結婚相手の候補は、あなただけではありません。

全国の婚活している同性はゴマンといます。あなたのライバルですね。
そしてあなたのライバルの多くはプロにお見合い写真を撮影してもらっています。

綺麗なライティングで画質の良い写真を婚活プロフィールにアップしています。

姿勢や表情など、良い写真の定義はいくつかありますが、なんせ写真は点数をつけることが出来ません。

スナップ写真は、良い写真の基準が自分本位になりがちなんです。

客観的に良い印象に見える写真からベクトルがずれてしまいがちなんですよね。

同じ理由で親兄弟や友達など、身内に撮ってもらうのもNG。

あなたの内面を良く知っているので、客観的な視点で写真を見ることができないからです。

そんなスナップ写真を掲載する時点で、たくさんの同性ライバルが掲載している魅力的な写真に埋もれてしまうんです。

画質が良く、客観的な視点でも好印象な写真と、画質が悪く自分基準で良いと思うスナップ写真。


どちらの方がお見合いマッチング成立できる確率がアップする写真なのかもうお分かりですね。
お見合い写真はケチらずに、プロカメラマンに撮ってもらうことです。

スポンサーリンク

プロカメラマンなら婚活写真は誰に撮ってもらっても良いの?

ここからが本題。正直スナップ写真うんぬんの話は論外も良いとこです。
お見合い写真をプロカメラマンに撮ってもらうことがマッチングの確立をアップさせる第一歩。

じゃあ早速、近所の写真館に予約しよう!って方ちょっと待って!!
名医とヤブ医者が居るようにカメラマンの腕もピンキリ。

加えて撮影目的に応じた得手不得手があるんです。

モデルばっかり撮ってるカメラマンにお願いすると、確かに格好良い写真は手に入るでしょう。
しかし場合によってその写真は婚活用には向かない写真かもしれません。

少し極端ですが、異性の婚活プロフィールを見たとします。職業がモデルでもないのに
モデル立ちでポーズもバッチリ決めた写真載せてる人、引きません?

この人自分めっちゃ好きなんやろか?って思ったりしません?

華やかで好印象なんだけど、プロ感は出さない。主張しすぎない。

そのあたりの匙加減がお見合い写真の難しいところなんです。

これら踏まえてお見合い写真撮影のカメラマン選びのコツをいくつかピックアップします。

フリーのプロカメラマンにお願いする場合

クラウドソーシングなど、ネット経由でフリーカメラマンにお見合い写真を撮ってもらう場合もあるかと思います。

そんな場合はカメラマンの経歴をよく確認しましょう。

カメラマン歴と、どのような被写体をどれくらい撮影したのか。

お見合い写真は今まで何名程度撮影してきたのかは最低限聞いておいた方が良いでしょう。

あと野外で撮影する予定だとしても、スタジオでフラッシュを使った撮影は可能かどうかも聞きましょう。

フラッシュを使った撮影はできない、と返答するカメラマンなら要注意。

ライティングの知識をよく知らない可能性があります。
野外の自然光を使った撮影も、実はライティングの知識は必須。
カメラマンは資格などありませんから名乗れば誰でもカメラマンになれちゃえますからね。

写真館・フォトスタジオでお見合い写真を撮る場合

こういった所で撮る人が一番多いかな。婚活業者に入会時に提携スタジオを紹介されるケースもあります。

まず見分けるコツとして、スタジオHPにお見合い写真撮影のメニューが単体で存在しているかどうかチェックします。

また、その店舗HPで、お見合い写真メニューは推しているかどうかを見て下さい。

お見合い写真メニューよりもデカデカと証明写真関係や、オーディション・モデル撮影を目立たせた
サイトの作りになっている写真スタジオは要注意。

お見合い写真撮影のノウハウが無い店舗の可能性があります。

婚活業者と提携している写真スタジオは、ある程度の場数があり失敗されるリスクは比較的下がりますが、前述の通りカメラマンはピンキリ。

可能であれば店長やチーフカメラマン等の肩書を持った方に撮ってもらうよう希望してみましょう。

あと女性は、電話での問い合わせ時に「お見合い写真撮影当日の服装はどんな感じのものが良いですか?」と質問しましょう。

この問いに即答できない写真スタジオは要注意。

お見合い写真撮影の客が多く、ノウハウがきちんと蓄積されているスタジオは服装のアドバイスも当然できます。

婚活写真撮影当日のコーディネートは仕上がりの良し悪しを左右する重要な要素です。

それに即答できない写真スタジオはたとえ婚活業者と提携していたとしてもNG。

あまりお見合い写真に力を入れていないスタジオでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
失敗しないお見合い写真を撮ってもらうには、選ぶ側のリスク管理も大事です。
プロに撮ってもらうことは大前提ですが、どのプロカメラマンに撮ってもらうかまで考えてみた方が
お見合い写真撮影で失敗する確率はグッと下がります。
場数とノウハウ、それに加え「この人をより良い印象で、成婚できる確率をアップさせるにはどう撮れば良いか」
という熱意を兼ね備えたカメラマンが理想です。
そういうカメラマンに巡り合えれば、申し込みが増え、こちらから申し込んでも受けてくれる確率、ひいては成婚できる確率がアップするお見合い写真を手に入れることができます。
是非ご参考下さい。

タイトルとURLをコピーしました