スポンサーリンク

海外生まれのキャラクターを国別紹介。世界的有名キャラから日本ではマイナーだけど現地では国民的人気キャラまで

スポンサーリンク
世界の人気キャラクター好きなモノ・気になったモノ

このページではアジア圏各国の、現地で人気のキャラクターを中心に紹介します。

先ページで紹介した、ヨーロッパや北欧圏のキャラクターとはまた違った魅力を持ったキャラが盛りだくさんですよ。それではどうぞ!

スポンサーリンク

インド

Amul

Amulちゃん

インド最大の乳業メーカー、Amul(アムール)。日本でいうと雪印のような超メジャーな会社なんですが、そのマスコットキャラがこの女の子。

正式名称はわかりませんが、Amulちゃんと呼んでいる方もおられます。

アムールちゃん

1966年にAmul社のマスコットキャラクターとして誕生したアムールちゃんは、バターやチーズ・牛乳などのAmul社製品パッケージや看板ロゴに使用されているだけではなく、新聞の挿絵に掲載されていたり、インド人なら誰もが知っている国民的認知度の高いキャラクターなんですよ。

インドで人気な他のキャラを調べてみると、ドラえもんを中心に日本のキャラクターが現地でも大人気なんだとか。なんだか嬉しくなりますね。

スポンサーリンク

フィリピン

ジョリビーくん(Mr.Jollibee)

Mr.Jollibee ジョリビーくん

フィリピンの国民的人気キャラクター、「Mr.Jollibee(ジョリビー君)」。

フィリピンNO.1ファストフードチェーン、ジョリビーのマスコットキャラクターです。

赤いハチのキャラクター、ジョリビー君は現地の子供を中心に圧倒的人気を誇る、フィリピンを代表するキャラクターです。

日本のキャラもフィリピンでは大人気で、なんと昔の日本産ロボットアニメ、ボルテスVはフィリピン人で知らない人は居ないぐらい現地では有名なんだとか。最高視聴率は驚異の58%を叩き出したこともあり、もはやフィリピンの国民的アニメキャラといっても過言ではなさそうです。

スポンサーリンク

タイ

BLOODY BUNNY(ブラッディ・バニー)

BLOODY BUNNY

タイの若者を中心に爆発的な人気のキャラクター・BLOODY BUNNY。

アメコミ調のアニメが大ヒットし、グロカワともいわれるルックスが人気でキャラクターグッズのヒットのみならず、世界中の企業とコラボするなど、タイ発のキャラクターの中で最も勢いがあると言えるでしょう。きゃりーぱみゅぱみゅさんが取り上げたことがきっかけで、日本でもアニメやBLOODY BUNNY関連グッズは大人気です。

マムアンちゃん

マムアンちゃん

タイ人の人気漫画家、タム君の愛称で日本でも有名なウィスット・ポンニミット(Wisut Ponnimit)さんが生み出した女の子・マムアンちゃん。

タム君は日本で留学されていた時期があり、その時に生まれたキャラなんだそうです。

マムアンを日本語に直訳すると、果物のマンゴーという意味。

作者曰く「日本の文化や日本人の優しさに触れてこそ生まれたキャラクター」と言っており、タイと日本の良さが融合されたキャラクターなのかもしれませんね。

日本では「くるり」や星野源さんとコラボしている他にも、企業とのコラボは多く見かけたことがある方もおおいはず。

タイ現地でも漫画やキャラクターグッズが大人気。オフィシャルショップもあってタイの方のみならず観光客のタイ土産としても人気です。

スポンサーリンク

ベトナム

ピカロン(pikalong)

ピカロン pikalong

ベトナムの人気キャラクター、ピカロン。

黄色い龍のキャラクターで、ベトナムでは龍は縁起の良いものとして親しまれていますので、ピカロンが人気になるのも頷けます。

ピカロン、命名の由来はなんと日本の大人気キャラ、ポケモンのピカチュウにインスパイアされたキャラクターなんだそう。「ピカ」はピカチュウからで「ロン」は龍でピカロン。どことなく色も似ている…?

スポンサーリンク

マレーシア

カンポンボーイ(The Kampung Boy)

カンポンボーイ

カンポンボーイはマレーシアの国民的漫画家ラットの代表作で、作者自身の少年時代の回想録を題材とした物語。

マレーシア国内で長く親しまれ、グッズ化や切手のデザインに使われたり、飛行機の機体に描かれるなど、国民的人気キャラクターです。

カンポンボーイ アニメ

漫画の日本版は1984年と2014年の二回にわたって刊行され、アニメ化もされています。

マミーモンスター(Mamee Monster)

「MAMEE(マミー)」というインスタント麺菓子のパッケージに描いてある青いモンスター。

MAMEE社はマレーシアで40年以上愛されている国民的お菓子メーカー。

マレーシアでは知らない人がいない程有名なこのお菓子。そのマスコットキャラ、マミーモンスターも現地では超有名なキャラクターです。

スポンサーリンク

韓国

カカオフレンズ

韓国最大のメッセンジャーアプリ、「カカオトーク(KakaoTalk)」のオリジナルキャラクター、カカオフレンズ。

カカオトークのスタンプだけではなく、キャラクターグッズも大人気。

lineのキャラクターとはまた違った、個性豊かでどことなく人間味のあるデザインが共感を呼んでいるのかもしれませんね。

脂肪ちゃん(ジバンイ)

韓国の美容整形外科の脂肪吸引CMで登場したキャラクターが人気を呼び、グッズ化。現地ではぬいぐるみが一時入手困難となった程、韓国女子を中心に大ブレイクしたキャラクター、脂肪ちゃん。

日本でも女子高生を中心に可愛いと人気のキャラです。

ポロロ

2003年にアニメ放送開始されて以来、韓国では「子供たちの大統領」と呼ばれるほどの人気を誇っているペンギンの「ポロロ」。

韓国では知らない人は居ないぐらい有名なキャラクターです。

スポンサーリンク

中国

長草くん(長草顔団子)

中国版LINEと言われる「WeChat」含め、各アプリにリリースしたスタンプのダウンロード数は11億回、合計利用数は230億回を超え、中国の若い世代を中心に大人気のキャラクター、長草くん。

ゆめの国からやってきた精霊、長草くんは日本でもコラボ商品が多く、見かけたことのある方も多いかもしれませんね。

スポンサーリンク

オーストラリア

スナグルポットとカドルパイ

オーストラリアの森に住むユーカリの妖精、スナグルポットとカドルパイ(Snugglepot and Cuddlepie)は、オーストラリア人なら知らない人はいないぐらい国民的人気キャラクターです。

タイトルとURLをコピーしました