「お見合い写真」撮影時のNG思考

スポンサーリンク

婚活する上で、用意しなくちゃいけない「お見合い写真」。
婚活を始める殆どの方が、
・めんどくさいな~
・写真写り悪いから嫌だな~
など、恐らくネガティブな思考に陥る、いわば婚活の第一関門のハズ。

ええ、わかりますとも。
毎日毎日お越しになられる婚活写真のお客様に接している
私の体感では、99%以上の方が、来店時には上記
めんどくさい、嫌だ、等の「負のオーラ」を大なり小なり放ってらっしゃいます。

婚活カメラマンのあるあるというか、もはや日常の風景です。

「私は写真を撮られるのが大好きなので、どうぞいくらでも撮ってください!」
「写真の写りに自信があります!」
なんていうお客様には、僕は出会ったことが無いです。

そりゃそうですよ。モデルじゃないんだから。
ましてや自分で率先して用意するものでもなく、結婚相談所のカウンセラーや
仲人さんに、ほぼ強制的に持って来いと言われてるから仕方なく・・・といった
方に、そんなテンションを求める方がどうかしてます。

もちろん、僕に限らず多くのカメラマンは、そんな方々への婚活写真撮影は
慣れていますので、ご安心ください。
「思っていた以上の写真が撮れました!」
「奇跡の一枚が撮れました!」
殆どの方にそう御満足頂ける写真を撮影できます。プロですもの(笑)。
逆にそんな写真が撮れないようでは、この業界でオマンマ食えません。

でも、自然で良い表情の、貴方が思っていた以上の出来栄えで婚活写真をゲット!
・・・したと思っているのは、実は貴方だけかもしれませんよ・・・?

だって、あなたさっきまで「負のオーラ」を放ってましたよね?

いつも撮影前に、僕は少し雑談します。
お客様の緊張度合いを見、ほぐしてあげることも理由の1つですが、もっと大きい理由として「どんな性格タイプの人か」「撮影の意気込みの有無」を探っています。

その会話の中で、
・写真撮られるのきらいなんですぅだって映りが悪いから~
・カメラ向けられると笑えないんですぅ~だから何か面白いこと言ってくださぁーぃ
・そんなに撮らなくていぃですよ~恥ずかしいから~

よくこういったワードが出てきます。
そういったお客様には、にっこりと笑顔で「大丈夫ですよー皆さんそうですから安心してくださいねー!」と返し、心の中では(もったいないなぁ)とつぶやきます。

100%の、最高の出来栄えの写真があるとします。まぁ写真は採点できませんので、あくまで参考としてイメージしてください。
で、上記ネガティブな「負のオーラ」を放ち御来店頂いたお客様が、撮影中に何らかの思考の「スイッチ」が入らないままで撮影を終えたとします。
それでもその方にとって、「思っていた以上の出来栄え」の婚活写真に仕上がったとします。その方にとっては、その写真は100%の、最高の写真かもしれません。
しかし、カメラマンにとってその写真は「70%」の出来栄えです。はい。

何をもって70%なのか?それは「お客様にご満足頂けた写真」を撮った及第点です。
プロカメラマンがお客様よりお金を頂くことが恥ずかしくない出来栄えの写真を御渡しする及第点です。

婚活業界では、この「カメラマンにとっての70%」のお見合い写真が、ものすごく世に出回っています。

この事実は、お見合い写真を撮るうえで、といった話のみならず
婚活するうえで重要なことなのです。

じゃあどうすれば良いのか?

このブログ記事は、短期間で婚活を成功させたい方のみに向けて短期集中で書いていきたいと思います。
月平均40件のお見合い写真を撮影しているカメラマンなりの視点で色々
偉そうにアドバイスしていこうと思います。

コメント